勝手に借金の保証人にされてしまったら

もしも許可していないのにも関わらず勝手に借金の連帯保証人にされた場合はどうすればいいのでしょうか。
連帯保証人の場合は本契約した人間が返済できなくなったときにかわりに返済する義務を負います。
ですので勝手に保証人にされるというのは一大事なのです。
まずこの時は債権者側に伝えて保証人から外してもらうようにしてください。
事情を説明すれば外してもらえる場合もありますが対応してもらえない場合もあります。と言うのも家族に勝手に保証人にされた場合です。この時は暗黙の了解によって了承したと思われるかもしれませんのでなかなか外してもらえません。
どうしても外してもらいたい場合には裁判所に訴えるしかありません。
ただ借金を本契約した人間が全て返済してしまえば問題はありませんので今すぐ困る事ではありません。
しかし相手が家族ではなく血のつながりのない友人などの場合でしたら暗黙の了解とはみなされず簡単に外してもらえるでしょう。
場合によっては友人が犯罪になる可能性があります。
また借りたのが通常の貸金業ではなく闇金の場合にはそもそも営業の許可を得ていませんので借り入れをした本人さえも返済する必要がありません。
このようなトラブルが無いように普段から身分証は人に貸さず自分で持っておくようにしましょう。